ファッション業界でのお仕事探しなら ファッションクロスロード

ファッションクロスロード

  • LINE
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Instagram
  • 無料会員登録
  • ログイン

fashion

2015.10.27(Tue) 16:00 UP!!

“用の美”を提案するイッセイ ミヤケのアイウェアがデビュー。金子眼鏡とコラボレーション

イッセイ ミヤケ( ISSEY MIYAKE)から新たなアイウェアライン「ISSEY MIYAKE EYES PROJECT」が発表された。プロダクト作りにおいて重要かつ当たり前のベーシックであること、ディテールにおいて品質や品格を大事にすること、そして長く愛されることをデザインの基本とし、明日のスタンダードを目指している。

「1枚の布」という独自のコンセプトを基にイッセイ ミヤケの服作りが始まったことをインスピレーション源に、新作のアイウェアの発想は一筆書きのような「1本の金属」から始まった。デザイナーの高橋悠介氏は「眼鏡もまた、シンプルな1本のラインから発想してみたいと思いました。左右のテンプルやアッパーリムから中央のブリッジにつながる金属のラインは、人体であれば背骨のような存在であり、眼を覆うフロント部分はそれに支えられる表情豊かな肉体のようでもあります」と解説。一本の金属を骨(bone)と発想を広げたことから、今回発表された最初のシリーズは「BONE SERIES」と名づけられている。開発と生産のパートナーにはデザイナーの高橋氏自ら金子眼鏡を指名。製品にはISSEY MIYAKEとともに金子眼鏡の名前も刻印されている。

デザインは「BOSTON」「SQUARE」「WELLINTON」「PENTAGON」「HEXAGON」の5型40バリエーションで展開。クラシックなスタイルをベースに基本フレームにチタニウム素材を使用。フロントにはピュアチタニウム、テンプルにはβチタニウムを採用し、細くてデリケートなデザインながら負荷がかかる部分への配慮もされている。

注目モデルは着脱式のフロントを採用した「HEXAGON」。リムとレンズのカラーを換えることで眼鏡としてもサングラスとしても使える2WAY仕様となっている。誰でも簡単に取り外しができる機構は、今回のモデルのために金子眼鏡によって開発されたオリジナルのものだ。

価格は「HEXAGON」モデルが5万2,000円、それ以外の4モデルはすべて4万4,000円となっている。発売は11月12日、販売店舗はイッセイミヤケ路面店6店のほか、阪急メンズ東京と大阪、銀座松屋、仙台三越。

TOP