ファッション業界でのお仕事探しなら ファッションクロスロード

ファッションクロスロード

  • LINE
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Instagram
  • 無料会員登録
  • ログイン

fashion

2015.10.30(Fir) 19:00 UP!!

チェック×キャメルカラーで魅せる秋冬スタイル。伊勢丹が提案するメイド・イン・ジャパンのハンサムチェスターにも注目

朝晩の冷え込みがぐっと増し、そろそろ冬の寒さに備えニットやアウターを新調したいと思う頃ではないだろうか。伊勢丹新宿本店2階のアーバンクローゼットでは、時を超えて愛される永遠の定番スタイル「タイムレスワードローブ」をテーマに、この冬はエターナルなキャメルカラーにチェック柄を取り入れたスタイルを提案。

昨今では“ノームコア”なスタイルが注目されているが、秋冬は一見シンプルでありながらも、素材やシルエットバランスにこだわったアイテムが多く市場に出そろった。アイテムごとのこだわりポイントを紐解きながら、同店おすすめルックをいくつか紹介していきたい。

■アウターでチェックすべきはチェスターコート

レディ フォア ザ ウィークエンド(Ready for the Weekend/以下、RFW)のロングチェスターコート(6万9,000円)は、肩のラインをきっちり整えてダブル仕立てにし、きちんとしたフォルムでありながら、着心地と軽さを追求したオールジャパンメイドの一着。中空糸を使っているため軽く、空気を含んだ素材は非常に暖か。チェックのジャガードニット(1万6,000円/RFW)とシャギーウールのサーキュラースカート(2万3,000円/RFW)に合わせれば、キャメル色で統一した柔らかなスタイルが楽しめる。

世界でも有数の毛織物産地として知られる愛知県・尾州の機屋で織られたニードルパンチのチェスターコート(7万3,000円/RFW)は、裏打ちで袖先や裾にチェック柄を浮かび上がらせたのが特徴で、その個性的な素材に魅せられる。Coohem(コーヘン)も手掛ける山形のニットメーカー米富繊維とコラボレーションしたRFWのニットラインでは、チェック柄を編地で表現したタートルニット(3万3,000円/RFW)を組み合わせ、ウールジャージーのワイドなマリンパンツ(2万6,000円/RFW)はキャメルを選んで女性らしさをプラス。

メンズライクな千鳥格子のチェスターコート(3万9,000円/MUNICH)には、上質なカシミヤ素材のレタリングニット(6万4,000円/BIR DSOF PARADIS )と同じくカシミヤ素材のイージーパンツ(1万9,000円/RFW)をコーディネートして、素材感にこだわった大人のリラックススタイルに。きれいめとカジュアルを融合した高度なルックには、ニット帽やスニーカーでスポーティーなエッセンスを加えたい。

■冬のきちんとスタイルこそ、シルエットにこだわりを

オフィススタイルにトレンド感をプラスするなら、エリン(ELIN)のグレンチェックのセットアップがおすすめ。ジャケット(6万3,000円)は肩に施した切り替えで袖をふんわりさせ、軽快な着丈設定に。8分丈のバギーパンツ(4万1,000円)と柔らかなブラウス(2万1,000円/SACRA)を組み合わせて、メンズっぽさを打ち消した新しいセットアップスタイルが叶う。これにRFWと山形のニットメーカー、奥山メリヤスがコラボレーションした、ざっくり編みのニットマフラー(1万2,000円)をプラスすると、ほどよい抜け感を演出できる。

山形のニットメーカー米富繊維による、製品染めを行った高級感溢れるカシミヤのタートルネックニット(3万3,000円/RFW)には、裾フリルの千鳥格子柄タイトスカート(2万7,000円/TOKYO DRESS×RFW)をコーディネートして、女性らしいメリハリバランスを楽しみたい。ボリューミーなファーストールを纏えばよりラグジュアリーに引き立ち、リッチなお出掛けスタイルへと昇華する。

■オフのカジュアルスタイルは素材使いで新鮮さをアピール

ともするとシンプルになりすぎてしまうオフスタイルは、素材選びがキーポイントに。リタジーンズトーキョーとRFWのWネーム「RITA JEANS TOKYO.×RFW」のGジャン(3万6,000円)は、裏側がボア素材になった暖かなつくり。インにはフランク&アイリーン(Frank&Eileen)の格子チェックシャツ(2万9,000円)を合わせ、フェイクレザーのプリーツスカート(2万6,000円/RFW)はキャメルをセレクトしてハードすぎない印象に仕上げるのがいい。柄や色、異素材使いで、ぐっと今年らしい表情となる。

袖を通したときに初めて分かる、素材の良さやシルエットバランス。見た目の可愛さだけに捕われず、一枚の洋服が物語る要素を汲み取って、この冬のコーディネートを楽しんでみてはいかがだろうか。

TOP