ファッション業界でのお仕事探しなら ファッションクロスロード

ファッションクロスロード

  • LINE
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Instagram
  • 無料会員登録
  • ログイン

fashion

2015.08.01(Sat) 09:30 UP!!

サンローランが「クチュールサロン」を復活。17世紀の建造物を改築

サンローラン(SAINT LAURENT)が、クリエイティブディレクターのエディ・スリマンが厳選した人だけに特別にアイテムをつくる“クチュールサロン”を復活。クチュールのキャンペーンビジュアル「ル・ドゥ・ユニヴェルシテ(RUE DE L`UNIVERSITE)」を公開した。

サンジェルマン・デ・プレ ユニヴェルシテ通り24番地に位置する新クチュールサロンは、フランス国王ルイ14世の建築監督であったトマス・ゴベールによって1685年に建てられた「ホテル・セネクテレ」を、エディ・スリマンが3年かけて改装したもの。フランスの18世紀の歴史的要素と建築理念に基づいてデザインされた。

同クチュールハウスの1階には4つのサロンを、3階と4階にはドレスメイキング用の「ラトリエ・フル」とテーラリング用の「ラトリエ・タイヨール」の2つのアトリエを設置。インテリアには、モダニズム、アールデコ、18世紀フランスの調度品など、イヴ・サンローランとエディ・スリマンのプライベートなコレクションが用いられた。また、庭園は18世紀の記録をもとに歴史家のアドバイスを取り入れながら、当時のデザインを忠実に復元している。

今回発表されたクチュールキャンペーンは、このクチュールハウスのクチュールサロンと庭園ですべての撮影が行われた。モデルにはブランドのアイコンガールであるフロー、エレナ、リダと、アイコンボーイのデヴォンが起用されている。

TOP